カメラマン人生、いつかは報われるさ!


by e70s0hbpdq

<バラ>送別シーズン迎え出荷最盛 愛知・一色町(毎日新聞)

 転勤や卒業などの送別シーズンを迎え、愛知県一色町の内藤バラ園(内藤完次代表)では、贈り物用などのバラの出荷作業に大忙しだ。

 6000平方メートルのハウスで34品種のバラを栽培。主に名古屋と東京の花市場に年間約45万本を出荷。イングリッシュローズ系の品種が人気という。問い合わせは同園(0563・73・5368)。【兵藤公治】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:1週間以上水なしでも新鮮なバラ 下関で開発
世界で一つだけのバラ 命名権はあなた(2/2ページ)

<直嶋経産相>低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請(毎日新聞)
<大阪・付属池田小>安全な教育環境づくり WHO認証取得(毎日新聞)
農水省職員を長崎知事選に続々“投入” 答弁書で判明(産経新聞)
官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定(産経新聞)
<JR東日本>次世代新幹線「E5系」の列車名公募始める(毎日新聞)
[PR]
by e70s0hbpdq | 2010-03-10 06:34