カメラマン人生、いつかは報われるさ!


by e70s0hbpdq

理解得られる解決策探る=和解協議入りでコメント―長妻厚労相(時事通信)

 B型肝炎訴訟で国側が和解協議入りを表明したことを受け、長妻昭厚生労働相は14日、「広く国民の理解と協力が得られる解決策を探るため、裁判所の仲介の下での和解協議の席に着くこととした」とのコメントを発表した。
 コメントは「いまだ議論が尽くされていない論点も多く、裁判所において、適切な検討を進めていただくよう希望する」としている。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

<ダイヤ鑑定かさ上げ>「何を信じれば」店舗・消費者戸惑い(毎日新聞)
供述調書作成せず=大久保元秘書、約4時間聴取―東京地検(時事通信)
閉じ込めなどトラブル多発、自動車の電子キー(読売新聞)
<地ビール>人気再び 若い世代、ワインのように(毎日新聞)
小学生の携帯代増加=「月3、4千円」が最多―PTA調査(時事通信)
[PR]
by e70s0hbpdq | 2010-05-20 15:11