カメラマン人生、いつかは報われるさ!


by e70s0hbpdq

女性死亡、無罪主張へ=押尾学被告の弁護団が会見(時事通信)

 一緒にいた女性が合成麻薬を飲んで錯乱状態となったのに放置し、死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優押尾学被告(31)の弁護団が26日、東京都内で記者会見し、同罪について公判で無罪を主張する方針を明らかにした。
 弁護団は、女性の容体が悪化してから死亡するまでは長くても30分で、急死だったと主張。押尾被告は懸命に救命活動をしており、遺棄には当たらないとしている。また、女性に合成麻薬MDMAを渡した罪についても、押尾被告は「女性が自分で持ち込んでおり、使用を促したこともない」と話しているといい、無罪を訴えるという。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
覚せい剤で起訴の男性無罪=「第3者関与か」所持否定
リーダー格か、中国籍の男逮捕=女性遺体事件で3人目

<恐喝容疑>出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)
<サバ水煮缶>高濃度ヒスタミン検出…保健所が回収命令(毎日新聞)
雑記帳 自民党本部に屋台 幹事長も腕振るう(毎日新聞)
小沢幹事長「毎度お騒がせいたしております」(読売新聞)
屋外でヌード撮影容疑、篠山紀信氏書類送検へ(読売新聞)
[PR]
by e70s0hbpdq | 2010-01-29 18:27